様々な葬儀・お別れ会・法要等

近親者のみで行う通夜・告別式

施設を占有し、2日に渡り1件だけ葬儀が行われます。
棺の安置〜通夜(ご宿泊)〜告別式の間、静かな環境の中で、式場や遺族室をご自由にお使いください。
式典後はご出棺まで、ご弔問のお見送りに気兼ねなく充分に時間をおとりください。火葬後の繰上初七日も出来ます。
  • 20名様を想定したレイアウトで、式場を広く、ゆったりと使い、棺を取り囲んでいます。式場内にはテーブル席も設けてあり(写真後方)、開式までお過ごし下さい。
  • この写真では椅子席は70席位です。式典後には祭壇の前にお並び頂き、写真撮影などが行われています。
  • 式場、遺族室、懇親会室等が中庭を取り囲み、各部屋は回廊で結ばれております。四季折々の表情を見せる静かな別世界です。(この写真は初夏のつつじです)
  • 遺族室は12畳と6畳の続きの間です。(バス・トイレ・ミニキッチン等有)ご遺体の専用保冷庫が併設されております。遺族室、保冷庫の写真は下記から入り遺族室・その他施設をご参照下さい。 各施設のご案内
  • ご弔問が3百名以下であれば、別棟(待合室)を使用しない廉価な料金となります。
  • 遺族室にご宿泊をされても(宿泊人数に拘らず)宿泊料金等が別途に発生する事はありません。
    (寝具のレンタル料金のみ発生いたします。)
  • 通夜終了後、ご弔問者様と葬儀事業者様が退出された後は、翌朝の利用開始時間まで利用料金は発生しません。
  • 通夜・告別式等、2日以上続けてご利用の場合は夜間も駐車は無料です。(65台分有、大型バスも可)
  • ご親族様で施設のご見学が出来ます。管理事務所までお問い合わせください。 03-3401-3653
近親者のみで行う通夜の様子(以下は模擬で葬儀を行ったものです。)
  • 近親者のみで行う通夜・告別式 ご親族とごく親しい知人のみで執り行います。他の方のご弔問は後日に開く「お別れの会」等でお迎えします。内輪の者だけで集まり、ご逝去された事を受け入れ、改めて故人と心行くまで向き合い感謝する・・・。
    ゆっくりとした時間の中で、青山葬儀所の四季折々の風景と共に思い出となる写真を撮り、ご自宅のご仏壇などにご遺影とともに飾られています。
    一般の方のご利用も増えております。
葬儀費用の目安(目安ですので、実際の費用につきましてはご依頼する葬儀社様にご相談ください)
通夜と告別式を行う場合
告別式(お別れの会など)のみの場合
基本的な費用
遺影、祭壇、棺、看板、司会、警備等
  • 180万円
  • 350万円
  • 170万円
  • 330万円
式場代
青山葬儀所のご利用料金例
  • 81万円
  • 108万円
  • 12時間(2日間)
  • 16時間(2日間)
  • 54万円
  • 81万円
  • 8時間(1日)
  • 12時間(2日間)
御食事
お清め、繰上げ初七日のお食事と配膳等
  • 25万円
  • 80万円
  • 7万円
  • 7万円
返礼品
会葬者へのお礼や会葬礼状等
  • 6万円
  • 20万円
  • 6万円
  • 20万円
火葬・車両
火葬場費用、霊柩車、マイクロバス等
  • 20万円
  • 30万円
  • 4万円
  • 9万円
その他
僧侶へのお礼、展示、撮影等
  • 23万円
  • 100万円
  • 35万円
  • 96万円
合計
  • 335万円
  • 668万円
  • 276万円
  • 543万円
施設の下見をお薦めします
各施設をご見学頂き、一般的な葬儀の流れ等をご説明いたします。その後、ご利用上の打合せ等を 行う場合には、懇親会室を2時間まで無料でご利用頂けます。下見をご希望の時は、予めお電話を お願い致します。下見はご葬儀の無い日に可能で、予約申込以前でもかまいません。

特別な「お別れの会」

故人のお人柄、人生に相応しい「特別なお別れの会」を、というご要望が増えております。
ご弔問される方が心行くまで故人を偲び、共に見送る為の様々なセレモニーが行われています。
宗教、国籍にも、儀式の様式などにも制約はありません。
  • 献花やご焼香ではなく、献灯も行われています。一つ一つ、ろうそくの明かりが棺を囲んでいきます。小さな炎の揺らめきが静けさと共に満ちて来て、故人の心に寄り添うようです。
  • 祭壇の場所を故人が活躍した舞台に仕立てて、演奏や舞踊等も行われます。お仲間達が声を詰まらせながら合唱や朗読をしており、ご遺族様はその輪の中に故人のお姿を見ていらっしゃるようです。
  • 式場手前の中庭では遺品を展示したり、日常の仕事場を再現しています。ご焼香後は、この中庭を通って懇親会室に向かう事が出来ます。(写真はいずれも説明用の合成画像です)
  • 中庭には数々の賞状や写真パネル等も展示され、ご参列者にご覧頂いています。供花を飾ることも出来ますし、季節によっては屋外の懇親の場としてテーブル等の設置も可能です。
  • 「あの時」の写真を見て「あの頃」を語り、ステージでお一人ずつ感謝の言葉を述べ、「あの歌」を合唱し・・・。式場での式典は簡素にして、この様な「偲ぶ会」を附帯施設で行っています。
  • 懇親の場として設けられたナイトラウンジの様なバーカウンターです。故人の愛した酒と肴を用意し、いつも聞いてた曲を流して、ご遺族とともに追憶されております。 ※上記写真はイメージです。
  • ご出棺の時は、合掌しつつ、この様な「天に召される」事を象徴するすばらしいセレモニーも行われています。
    霊柩車の発進と共に、風船を手放しています。
  • 駐車場(約5千u)では故人が開発した車両等の展示や 特大画面での映写があり、また自衛官数十名による弔砲や単車数十台のエンジン全開等、壮観で、轟く様な音で故人を見送っています。
お別れの会
故人のお若い頃の獅子奮迅のご活躍、多彩なご趣味やプロ並みの腕前など、ご遺族様とご弔問者様が一つになって追憶する時 間が増えています。特にお別れの会は儀式的なものから催事的なものへと変わりつつありますが、青山葬儀所が持つ格式と重み により、葬儀・式典としての、本来の品格を保つ事が出来ます。
当施設では様々なご葬儀を見守ってまいりました経験から、いろいろなご要望のご相談をお受けすることができます。 尚、葬儀に必要な各種手配等は葬儀社様へご注文下さい。私ども指定管理者が葬儀や装飾等を受注する事はございません。 また、施設のご見学をお薦めします。事前にお問い合わせ下さい。2時間までは懇親会室を無料でご利用いただけます。
03-3401-3653
※上記写真は説明用の合成写真であり、実際の状況ではございません。
各施設のご案内のページに着席会食、立食等の場合の図面がございます。
回廊等で結ばれた各部屋を施設全体としてご活用いただくことをお薦めいたします。
各施設のご案内

密葬

周囲からは高木や植栽で隔てられ、正門から奥まった式場や遺族室は附帯施設に囲まれています。
警備員を配置すれば、敷地内に関係者以外の方が立ち入ることはありません。
著名人だけでなく、一般の方の密葬も執り行われております。
  • 植栽や附帯施設が外部からの視線を遮ります。
    内部は中庭を取り囲む、静かで機能的な佇まいです。
    正門に葬儀のご案内表示はなく、表の通りからは通夜・告別式が執り行われている事も分かりません。施設全体がゆとりある設計となっており、密葬にも相応しい環境です。
  • 建物は正門から奥まった所にございます。ご出棺時、霊柩車は出口専用門を使用しますので目立ちません。
  • 少人数ですので別棟(待合室)を使用しない廉価な料金です。
  • 遺族室にご宿泊をされても(宿泊人数に拘らず)宿泊料金等が別途に発生する事はありません。
    (寝具のレンタル料金のみ発生いたします。)
  • 通夜終了後、ご弔問者様と葬儀事業者様が退出された後は、翌朝の利用開始時間まで利用料金は発生しません。
  • 通夜・告別式等、2日以上続けてご利用の場合は夜間も駐車は無料です。(65台分有、大型バスも可)
  • ご親族様で施設のご見学が出来ます。管理事務所までお問い合わせください。 03-3401-3653
密葬について
外部の方にはお伝えせずに行う葬儀です。特に著名人ではそのご逝去が多方面に及ぼす影響のご心配・ご懸念を踏まえ、報道機関も 含めてお問合せ・取材には一切対応いたしません。青山葬儀所は施設の作りと環境が上記のようになっておりますので、葬儀が 行われている事さえわかりません。ご遺族様だけで安らかに惜別の時間をお過ごし頂けます。

法要・納骨時法要

一年祭等の霊祭、三回忌などの法要、及びこれらに伴うご会食の場として施設をご利用頂けます。
青山霊園での納骨前に行われる法要・霊祭、及び納骨後のご会食でご利用ください。施設が隣接しており便利です。
ご導師、祭壇、会食などの手配について、ご不明な点があればお問い合わせください。
  • 法要、霊祭など ご逝去から一定期間を経た時点で執り行う各種の儀式ですが、宗教・宗派等により名称は異なります。一般的な法要(一周忌など)では式典とご会食になります。慰霊祭も行われております。 納骨時の式典とご会食 隣接する青山霊園での納骨に併せて行う各種式典や会食等でもご利用があります。青山霊園内の駐車場は少なく、故人の墓地から遠い場合もありますので青山葬儀所(約65台駐車可)にお集まり頂き、式場で式典等を行い、マイクロバスで墓地近くまで行き、納骨後は戻られて懇親会室でご会食となります。ご高齢の方が多い場合にこの様なご利用を頂いております。 友人や後輩などが主催する「偲ぶ会」 ご逝去後、暫くの期間を経てから改めて「故人に会いに行こう」、「あの興奮をもう一度」等のご趣旨で開催されております。式典などは簡素に行い、昔を語り合う時間を大切にされております。

生前葬 (生前のお別れの会)

様々な理由から、生前葬が執り行われております。
生前葬という名称では違和感がある、という事で「生前お別れの会」、などの名称にする事もございます。
これを最後にして もう会う事はない、その固いご決心、ご覚悟を示す為にも、当所で執り行われてはいかがでしょうか。
生前葬を行う様々な理由
  • 様々な理由から生前葬が行われる様になってきました。ホスピス等にご入院される前に、或いは空気のよい遠隔地の療養所に転居される前に、何よりも元気な内にご友人達ともう一度あの頃を語り、飲み、歌い、そして「思いを断ち切ってから正式にお別れをしておきたい。」というご趣旨です。高齢のお仲間達も、もう一度しっかりと感謝の意を伝えておきたい、という事でお集まりになられます。
    ご本人は同窓会になってしまうことを心配されつつも、青山葬儀所という場所で執り行うことで、その固い決心と覚悟を示されています。
    そしてご逝去の時はその転居先で親族のみで葬儀を行い、知人友人にはご通知だけにする様です。
    終末期医療の末の姿は見せたくない、というご遺族の思いもございますでしょう。ご本人には残される喪主様を初めとして、遺族や高齢の知人達への様々なご配慮もございますでしょう。
生前葬でのご利用についてご不明な点などがあれば、お問い合わせください。
尚、生前葬も含めて、私ども指定管理者が葬儀・法要などを受注することはございません。
(ご要望があれば、ご紹介は致します。)